ベイスターズと共に生きる

野球嫌いの妻に隠れてベイスターズの試合を観戦しています

ラミレス監督のジョン・シナのパフォーマンス

ここに来て中継ぎ陣が安定してきましたね。

散々、文句を言ってきた三上の調子が上がってきましたね。

ラミレス監督はこれを待っていたのでしょうか。

選手の調子が上がるまで使い続ける方針ですが。

最終的に調子悪いの使い続けて負けた試合と、

待ったお陰で勝った試合との帳尻が合うのでしょうかね。

 

やっぱり、筒香・宮崎の調子が上がらないですね。

ロペスもホームランを打ったけど、まだまだな感じがしますね。

 

倉本が決勝打を打ちまたしね。

バント失敗したり、あっさり三振したり、

サヨナラタイムリー打ったりと自由な男ですよね。

ただ、倉本の好きなジョン・シナの”You can't see me!”の

パフォーマンスがチーム内に全く広がってないですね。

ラミレス監督しかやってないのですが・・・。

人間関係は大丈夫でしょうか。

 

最後に。嶺井が凄く良いですね。

入団する時にこんなにバッティングが期待されてましたっけ?

高城の方が強打のバッターという触れ込みだった気が。

あんな良いホームランを見せられると、

嶺井を4番にしたいぐらいですね。